輸入車への「232条調査」に批判相次ぐ 米商務省公聴会

opebet体育

2018-11-15

工作简历:1984年——1993年,在新华社国际新闻编辑部任编辑和记者。1989年至1991年,被派驻埃及任新华社中东总分社驻外记者。在这期间,积极参与海湾战争报道。1993年,加盟中央电视台,任《东方时空》、《焦点访谈》记者、编导、主持人,参与制作的《焦点访谈——和平使沙漠变成绿洲》、《丧钟为谁敲响》等节目,引起广泛反响和好评。

    新华社日前就2015年中国人海外形象进行了大数据搜索并形成分析报告。数据显示,海外媒体和网民同时为中国电商、探月、互联网金融、基因技术、克隆技术等彰显中国科技创新能力的关键领域“点赞”。

    民生商品价格走势平稳  CPI直接体现着人们衣食住行的价格变化,因而备受市场关注。6月CPI走势和此前多数市场预测保持一致。同比上涨%,这已是该涨幅连续3月低于2%,物价延续温和上涨态势。  从环比看,CPI下降%,走势基本平稳,降幅比上月收窄个百分点。其中,由于时令瓜果和蔬菜大量上市,鲜果和鲜菜价格分别下降%和%,合计影响CPI下降约个百分点,是CPI下降的主要原因。

  [][字号][]  习近平总书记在福建工作期间,6年7次深入晋江调研。

  5月31日,香港商汤科技完成了C+轮亿美元融资,再创全球人工智能融资纪录,并以估值超过45亿美元成为全球最大人工智能企业。行政长官林郑月娥在一次活动上兴奋地表示,商汤科技在短短四年内迅速发展成为“独角兽”,证明香港有优势和潜力发展创新科技,并推动与实体经济的深度融合。  黄锦辉认为,制造业是科技革命下技术创新的主战场。香港已经度过了漫长的“工业真空期”,“再工业化”可以孵育经济发展的潜力,再造制造业的竞争力,将为香港经济发展的未来储能,让香港在新的产业竞争中抢占有利地位。

  英国伯明翰大学专门研究俄罗斯外交政策的学者德里克·阿韦尔对这家英国新闻网站说,此举可能意在“挑衅”。阿韦尔说:“俄罗斯为它在波罗的海国家的影响力进一步边缘化以及北约和欧盟双双进一步东扩而担忧。

  研制“铁幕”系统的美国阿蒂斯公司甚至表示,“铁幕”系统还可以防护建筑和直升机。“铁幕”系统由探测传感器、雷达、光学仪器、高速计算中枢以及反方向弹药等部分组成。

  阿水来源:澎湃新闻7月9日下午,李志工作室合伙人迟斌赴上海与哇唧唧哇娱乐高层代表马昊等人会面。龙丹妮、马昊的哇唧唧哇旗下偶像养成节目《明日之子》侵权李志及其他音乐人的烂账,终于在李志团队的奋力呼喊下摆上台面。双方达成三点共识:1、腾讯视频、哇唧唧哇和腾讯音乐集团作为《明日之子》出品方均有责任,哇唧唧哇作为演唱会主办方,对演唱会侵权负主要责任;2、300万赔偿拆分成两部分,节目部分100万由腾讯出面解决,演唱会部分200万需哇唧唧哇内部进一步讨论,三日内答复;3、哇唧唧哇认可本次维权对行业有益无害,同意公开事态发展。7月9日下午,李志在微博上公布的沟通结果。一和普通的开撕不同,此次开撕有两个特点:1、对错分明,毫无争议,舆论一边倒;2、涉事音乐人(李志和毛不易)和气生财,双方粉丝懂事明理。

【新華社ワシントン7月24日】米国の自動車メーカーや業界団体、欧州連合(EU)、カナダなどの代表はこのほど、米商務省がワシントンで開いた公聴会で、米政府が輸入自動車や部品に対し、通商拡大法232条に基づく調査を実施したことについて強く批判し、輸入自動車や部品に対し追加関税を課すことは米国の消費者と自動車業界全体に被害をもたらし、最終的に米国の雇用に大きな損失を与えることになると警告した。  米自動車工業会で連邦政府関連の事務を担当するジェニファートーマス副会長は19日の公聴会で、米国政府の輸入自動車に対する「前代未聞、全く根拠のない」調査に強く反対すると語った。

 トーマス氏は、利害関係者が米商務省に対し提出した2200部以上の書面による意見はどれも輸入自動車に対する調査に反対し、3つの団体だけが調査を支持していると指摘。 同調査がこれほど広い反対に遭うのは、追加関税の破壊性が恐ろしい結果をもたらし、高い関税により米国の家庭や労働者、経済全体を害するからだとの見方を示した。  米自動車貿易政策評議会(AAPC)のマットブラント会長は、米国は国の安全保障に関するどのようなニーズであっても満たせるだけの十分な生産能力を有しており、輸入自動車が安全保障の脅威となっているという兆しは全くないと語った。

同評議会の研究によれば、もし輸入自動車に追加関税を課せば、鉄鋼アルミ製品への関税の影響も加わり、国内の自動車業界の投資や輸出は減少し、雇用に大きな損害をもたらすという。

 全米自動車ディーラー協会(NADA)のピーターウェルチ社長は、輸入自動車に対する25%の追加関税は、国内の自動車メーカー、取引業者そして消費者に損失をもたらすことになり、とりわけ消費者に対する打撃が最も大きくなると指摘。 米自動車研究センター(CAR)の研究によれば、25%の追加関税は米国市場の新車価格を980~4400ドル(1ドル=約111円)引き上げるという。

米商務省のロス長官は19日の公聴会で、同調査で輸入自動車に追加関税が課されることになるかどうかを現在討論するのは時期尚早だと語った。

 EUやカナダなどの経済体(エコノミー)の代表は、もし米国が輸入自動車や部品に追加関税を課せば、相応の報復措置をとると警告した。  カナダのカーステンヒルマン駐米副大使は、もし調査によって最終的に輸入自動車に対する追加関税が決定されれば、カナダは報復措置をとらざるを得ないと強調。

EUのデイビッドオサリバン駐米大使も、EU内部では現在相応の報復措置を準備していると語り、自動車関税を実行すれば米国の約2940億ドルの輸出製品に対する他の経済体からの報復的措置を受ける可能性があると警告した。  米シンクタンク、ピーターソン国際経済研究所の研究によれば、もし他の経済体が米国の自動車関税に対し同等の報復をしたとすれば、米国は62万4千の雇用を失い、米国自動車産業の従業員約5%が失業することになるという。

 18日には140人以上の米下院議員が、自国政府に輸入自動車や部品に対する「232条調査」を断念するよう促し、また輸入自動車や部品に追加関税を課すことは米国経済の安定にマイナスの影響をもたらすと表明している。  米商務省は「1962年通商拡大法」232条に基づき、輸入製品が国の安全保障を損なうか調査を行う権利を有している。

トランプ政権はこれまで「232条調査」に基づき鉄鋼アルミ製品に対し追加関税を課し、米国内や国際社会の広い反対に遭っている。

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。 無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

推薦記事。